38

フィリップ・ブラム

Philippe Brame

自然、その祈り

関西日仏学館

4月22日(土)17 :00~19 :00に、作家が来場しオープニングイベントを開催します(入場無料)。作家自身による作品解説をはじめ、写真と日仏両言語での詩を収めた自著『自然とその祈り』のサイン会を実施します。さらに、18世紀に創設されたシャンパーニュのメゾン、ルネ・ジョリーの提供による試飲会も。


4月22日、23日、29日、およびアポに応じて作家本人が来場します。ご連絡はphilbrame@gmail.comまで。


作家への協賛団体:日本言語文化研究財団(フランス財団後援)、トゥルヌフー国際アーティストレジデンスセンター、シャンパーニュ地方オーブ県観光局、ルネ・ジョリー・シャンパーニュ。


* Philippe Brame、彼は誰かと尋ねられたら

深い静けさを表わす人と、私は答えるでしょう。

さらに、彼には石の声、樹々の叫びも聞こえると。

彼の目、そして彼の耳が捉えるかたちは、自然界が刻んできたかけがえのない記憶そのもの。

私たち人間は太古より、自然の力を敬い、その律動に寄り添って生きてきました。

自然界と人間界の間には、美しき共生という不文律の掟があったのです。

しかし近年、人間はこの掟を蔑ろにし、自然を一方的に支配しようとしたのです。

その結果、私たちはかつて遭遇したことのない

パンデミック、気候変動といった深刻な事態に直面しています。

今は目を閉じ、静けさの中に身を委ねる時、

彼の写真に向き合い、その紡ぎ出す詩に耳を傾けましょう。

祈りに満たされた庭への眼差しに。

太田 菜穂子



フィリップ・ブラム

1999年よりフランス・オーブ在住。写真や詩をフランス国内外で定期的に発表している。

また、写真と詩に関する講演や講義を定期的に開催している(ペドロ マイヤー財団/メキシコ、パンノンハルマ/ハンガリー、Espace KUU/東京、トロワ工科大学など)他、自身のアトリエを構えるパリ(Pâlis)の公立中学や高校、トゥルネフー(芸術文化センター、アーティスト・イン・レジデンス)にて指導を行っている。

公式サイト : / インスタグラム : @philippebrame10

関西日仏学館

11:00 - 19:00

入場無料

Open: 4/19-4/29 11:00-19:00 Closed: 4/24

Opening Reception / Book signing 4/22 5-7pm

関西日仏学館

〒606-8301 京都府京都市左京区吉田泉殿町8

Other Exhibitions

その他の展示

シュヴァーブ・トム、ジョン・チョイ、and more | 室礼 SHITSURAI -Offerings Ⅸ - The Shore of Two Infinities-

大西正彦 | 祀りと平和

豊田有希 | あめつちのことづて

草木 勝 | Drowning in colors